2013年2月10日日曜日

デザインゲームワークショップ

  
2月2日(土)に「デザインゲームワークショップ」が開催された。
私は参加者として申し込んだのですが、主催者より年齢を理由に参加不可と判定され、今回はオブザーバーとしての参加です。

会場は品川駅からすぐのコクヨさんのエコライブオフィス品川です。

ワークショップ会場は最上階の6Fだったのですが、テラスもありました。羨ましいです。


いたるところにRGBのINとOUTのポートがあり、どこでもプロジェクターが使えるようになっていました。素晴らしい! 

主催者は専修大学の上平崇仁教授、講師はコペンハーゲンIT大学の安岡美佳さんです。


まず講義からスタートです。何度も「参加型」という言葉が登場しました。この言葉には少し違和感がありました。


デザイナーが考え決めていたことを、多くの関係者(ユーザを含む)で議論し、決めていくということが「参加型」ということのようだ。ヨーロッパの常識というか、階層のような考え方も理解しておく必要がありそうだ。詳細は浅野智先生のブログとかぶるので省略します。


オブザーバーも真剣に学んでいたのですが、ワークショップ中に経済産業省の方と日本のデザイン政策について議論しました。


今回のワークショップはユーザゲームだけであったが、技術ゲーム、シナリオゲームもある。興味がある。

今回は通院のため帰省していたから参加できました。はやり首都圏の方が学ぶ機会が圧倒的に多い。

主催者の上平先生と学生さん、講師の安岡さん、スポンサーの愛媛サポーターズ(那須さん父娘)、休日に会場を提供していただきましたコクヨの皆様、そして参加者の皆様、本当にありがとうございました。
 
-

0 件のコメント:

コメントを投稿